東海大学イメージング研究センターとは

「見ること」に特化した産学協同による私立大学初の共同利用施設「東海大学イメージング研究センター(Tokai university Imaging Center for Advanced Research[TICAR])」が、2016年8月9日に東海大学湘南校舎12号館1階に誕生しました。本センターは、この分野で世界最先端の技術を持つ株式会社ニコンインステックとの包括協定の締結により実現したもので、大学と企業がタッグを組んで光学機器の新たな活用法や医学、理学、工学など幅広い分野で独創的な研究の創造を目指す世界に先駆けた施設です。
本センターには、さまざまな物質をナノサイズで観察する基礎研究用の電子顕微鏡や大きな金属製品の内部を非破壊で見られる産業用X線/CTシステムなど、ニコン製ならびに日本電子製の光学機器を併せて12台設置しており、一つの物質をさまざまなサイズで観察し、基礎から実用化までの幅広い研究分野にも対応できるようになっております。特に、「細胞や高分子といった軟らかくて微少な物質から、産業用材料やデバイスなど大きくて固いものまでさまざまな寸法のサンプルを、高精度かつほぼリアルタイムに観察できる機器が一個所に集まり、幅広い領域の物質を一つの施設で『見る』ことが可能になりました。
本センターは、学内の共同利用施設として位置づけられており、専属スタッフが常駐するほか、ニコングループの技術者による講習会も定期的に開催いたします。また、本センターは本学の教職員・学生だけでなく企業のみなさまにもご利用いただけます。多くの方にご利用いただくことで、学生教育や地域産業の活性化に貢献し、新たなネットワークづくりのハブになると期待しています。
★東海大学と株式会社ニコンイステックとの産学連携包括協定について
★東海大学イメージング研究センター開設~基礎研究から製品開発までカバーする開かれた拠点~
(コンバーテック 2016年9月号pp.80-81)
 
★お申込み・お問合せ先
東海大学イメージング研究センター
http://www.mnc.u-tokai.ac.jp
〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4丁目1番1号
TEL:0463-58-1211
FAX:0463-50-2480
E-mail:ticar★tsc.u-tokai.ac.jp(★をアットマークにしてくだい)